2019年 統計地図(生徒作品より)

 生徒が作成した統計地図を紹介します。

 ここで紹介する地図は、次の基準を満たしたものです。

 1 絶対値のデータは、絶対分布図(図形表現図など)で表現されている。

 2 相対値のデータは、相対分布図(階級区分図など)で表現されている。

 3 オリジナリティがある。

 「都道府県別・人口10万人当たりのコンビニ店舗数」(階級区分図)

 「都道府県別・コンビウニエンスストア店舗数」(カルトグラム)

 「都道府県別・食糧自給率」(階級区分図)

 「兵庫県市町別・高齢化率」(階級区分図)

 「都道府県別・しじみ漁獲量」(図形表現図)

 「都道府県別・火災件数」(カルトグラム)

 「兵庫県市区町別・人口増加率」(階級区分図)

 「都道府県別・人口100人当たり犬の登録頭数」(階級区分図)

 「都道府県別・人口100人当たりの救急搬送された熱中症患者」(階級区分図)

 「Jリーガー出身地別ランキング(人口10万人当たり)」(階級区分図)

 「信号待ち時間マップ」(図形表現図)

 「都道府県別・商業地基準地価上昇率」(階級区分図)

 「全国の出火率」(図形表現図)

 

 教科書では、絶対値のデータは絶対分布図で、相対値のデータは相対分布図で表現されてることになっています。

 最近、生徒たちの作品を見ていると、分かりやすければどちらでもいいのではないかと、思ってしまいます。

 教科書のルールが本当に正しいのか、考えていきたいと思っています。

 

   <HOME>