あぜっ地理(地球上の水とその利用)

 

1.水の循環  2.豊水地域と乏水地域  3.地下水  4.水資源の利用とダム建設  5.海洋

目次へ

1.水の循環

 (1)地球上の水…約14億k㎥

   (ア)海水…97%    (イ)陸水…3%

      ①氷河水…陸水の77%→グリーンランド、南極など

      ②地下水  ③湖沼水  ④河川水

      →淡水は、地球上の水の総量の2.5%

 (2)水の循環

      蒸発→降水→流出→浸透

     【参考】「地球の水の循環」(財団法人 日本海事広報協会

2.豊水地域と乏水地域

 (1)豊水地域

  (ア)降水量>蒸発量   (イ)熱帯(赤道中心)と緯度40度以上   (ウ)アマゾン川  コンゴ川

 (2)乏水地域

  (ア)降水量<蒸発量   (イ)中緯度高圧帯   (ウ)ユーフラテス川  ナイル川  ニジェール川

 (3)河川流量の季節的変化

  (ア)メコン川…流量の季節的変化が大きい→サバナ気候(雨季と乾季)

  (イ)ミシシッピ川…流量の季節的変化が多少みられる→温暖湿潤気候と季節風

  (ウ)ライン川…流量の季節的変化がみられない→西岸海洋性気候

    【資料】世界の主要河川の月別流量(UNH/GRDC Composite Runoff Fields V1.0)

        世界の主要河川の月別流量(地図・グラフ)

3.地下水

 (1)様々な地下水

  (ア)自由地下水…不透水層上→崖や谷間に湧水、泉

  (イ)宙水…不透水層上にレンズ状にたまる

  (ウ)被圧地下水…2つの不透水層間→自噴井(井戸を掘ると自然に噴出する)

 (2)乾燥地域での地下水の利用

  (ア)オーストラリア内陸

    ①大鑽井盆地(Great Artesian Basin)で牧羊

       …メリノ種(乾燥に強く、羊毛に適する。スペイン原産)

    ②掘り抜き井戸(自噴井)

       …グレートディバイディング(大分水嶺)山脈から流れてきた被圧地下水を利用

    ③世界最大の羊毛生産国

  (イ)西アジア、北アフリカ…灌漑農業

    →地下水路…周辺山地の降雨を集落、耕地に導水

    ①カナート(西アジア)   ②フォガラ(北アフリカ)

    ③カレーズ(アフガニスタン、パキスタン)   ④カンアルチン(中国)

     【参考】 「貴重な水を運ぶカナート」(小堀巌・「水道の当然」より)

 (3)地下水をとりまく問題

  (ア)地下水の砒素汚染…インド、バングラデシュ、タイ、ベトナム、内モンゴル(中国)、台湾

     人口増加による食糧増産+ダム建設、森林伐採による灌漑用水の不足

      →地下水を大量にくみ上げる→多量の砒素が地層から染み出る

  (イ)トリクロロエチレン等による有機塩素系溶剤による地下水汚染…ハイテク産業の工場付近

     トリクロロエチレン…①電子部品の洗浄剤  ②発がん性物質

  (ウ)ゴルフ場(除草剤)、産業廃棄物処理場(環境ホルモン)

     【参考】「くまもとの水 みんなで考えよう」(熊本国府高等学校パソコン同好会)

4.水資源の利用とダム建設

 (1)洪水を防ぐ

  (ア)日本の自然

     ①梅雨・台風による洪水   ②日本の川…短く、急流

  (イ)日本の伝統的洪水対策→洪水は「なだめる」もの…水の勢いを緩める

      【参考】「伝統的治水施設の保全と整備 」(国土交通省甲府工事事務所

     ①山を大切にする

        【参考】「森林は水をたくわえる」(茨城県林業技術センター

     ②遊水地、水害防備林

        【解説】渡良瀬遊水地(公式ホームページ)

     ③霞堤(かすみてい)         【写真】霞堤国土交通省国土技術政策総合研究所

     ④信玄堤(しんげんづつみ)     【写真】信玄堤水野テクノリサーチ

   (ウ)河川法公布(1896年・明治29年)以降→洪水は「管理する」もの…水をはやく海へ出す

       【資料】「河川法の一部を改正する法律」について国土交通省

     ①長大な連続堤防、放水路

     ②河川の直線化

       →水害の激化→統合治水対策へ転換

 (2)洪水を利用する

  (ア)「エジプトはナイルの賜物」…ヘロドトス「歴史」

       【参考】「エジプトはナイルの賜物」 

  (イ)ナイル川…「外来河川」

     ①白ナイル…ルウェンゾリ山の雪解け水にはじまる

     ②青ナイル…エチオピアの山地が源流

     ③スーダンで合流し、エジプトを貫流して、地中海へ流れる

  (ウ)ナイル川の洪水…豊かな作物をつくる

     ①モンスーン(季節風)の影響で5月~6月にエチオピアで降雨→7月にエジプトで洪水

     ②洪水→沈積土・腐植土を運搬→流域に堆積→肥沃な土

     ③農業用水として利用

 (3)巨大ダムの建設

  (ア)TVA(テネシー川流域開発公社 Tennessee Valley Authority)…総合開発の模範

      ①洪水・土壌侵食の防止  ②灌漑  ③発電  ④水運  などを目的

  (イ)多目的ダムによる総合開発

     ①世界…フーバーダム(アメリカ合衆国、コロラド川)、アコソンボダム(ガーナ、ボルダ川)、

           サンメンシャ(中国、黄河)

     ②日本…佐久間ダム、黒四(黒部川第四発電所、黒部ダム)

        【参考】黒部ダムオフィシャルサイト 

  (ウ)ダムの効果

     ①電気の普及→生活水準の向上      ②工業…化学肥料、アルミニウム

     ③灌漑→農業の進展(カリフォルニアの水田耕作、柑橘類の栽培)

     【資料】「世界のダム」(「建設博物誌」鹿島建設) 

 (4)ダム建設の抑制←自然破壊、経済的採算性

  (ア)アメリカ合衆国…ダムの建設中止、撤去

  (イ)ヨーロッパ…川の自然回復→遊水地の復活、水路のコンクリートをはがす

 (5)ダムの弊害

  (ア)アスワンハイダム(エジプト、ナイル川)

    ①地中海へ流入する栄養分の減少→漁業に影響  ②肥沃土の供給削減→耕地の荒廃  ③寄生虫病

  (イ)アラル海(ロシア)

     …綿花栽培の灌漑→流入河川の水量減少→面積縮小→漁業資源壊滅(チョウザメ)       

     【参考】「消えゆく湖 世界4位だったアラル海が消える? 」(ウェザーリポート

  (ウ)アコソンボダム(ガーナ、ボルダ川)

    ①耕地がダム湖に水没→農民の失職

    ②雨季の洪水がなくなる→伝統的農業の崩壊(ボルダ川下流部やナイジェリア)

    【参考】「ガーナのボルタ川の開発,世界最大の貯水池を有するアコソンボダム」(足立隼夫さん

5.海洋

 (1)海洋の分布

   (ア)三大洋…太平洋、大西洋、インド洋

   (イ)付属海

     ①地中海…大陸に囲まれた海

       →地中海(ヨーロッパ)、アメリカ地中海(メキシコ湾・カリブ海)、北極海、黒海

     ②縁海…大陸にそい、島や半島でかこまれた海

       →北海、ベーリング海、日本海、オホーツク海、東シナ海、黄海、バルト海

       →大陸棚が発達(水深200m以内)→好漁場、石油開発

 (2)海流

   (ア)海流…ほぼ一定の水温を持ち、一定の方向に水平移動する海水

   (イ)暖流…低緯度から高緯度へ

   (ウ)寒流…高緯度から低緯度へ

   (エ)海流の流れ

       北半球→時計回り

       南半球→反時計回り

    <太平洋>

      ①日本海流・北太平洋海流

      ②千島海流

      ③カリフォルニア海流

      ④東オーストラリア海流

      ⑤ペルー(フンボルト)海流→アタカマ砂漠

    <大西洋>

      ①メキシコ湾流・北大西洋海流  ②ラブラドル海流  ③カナリア海流  ④ブラジル海流

      ⑤ベンゲラ海流→ナミブ砂漠

 

目次へ

 

Copyright © AZETA Toyotoshi All Rights Reserved.