あぜっ地理(地図の歴史・日本編)

 

世界編      日本編      目次へ

1 日本最初の地図

   「田図」・・・大化の改新(645年)で土地の測量を行なった時の田や国有地を記したといわれる地図→現存しない

2 日本に現存する最も古い地図→日本で最も古い地籍図

   東大寺領近江国水沼村墾田図・・・天平勝宝3年(751年)

    →東大寺領荘園の開発状況を描いた図→以降の村地図に影響

  【参考】 「東大寺開田図」(文化遺産オンライン

       「地図の学校 第3回 地図の歴史(その1)~日本の古地図・伊能図編~」(WEB地図の資料館

3 現存する最古の日本図

   行基図・・・日本地図の原型、江戸時代まで模写された

    奈良時代の僧行基が作成したといわれているが、現存しない。

     →模写した「行基式日本図」が残存

      京都仁和寺蔵の日本図が書写年代が明らかな最古のもの・・・鎌倉時代末の嘉元3 (1305) 年

   【参考】「京都仁和寺蔵の行基図」地図礼賛 「大航海時代」

       「日本地図屏風」(文化遺産オンライン

       「日本の国郡 第6話 行基式日本図にみる郡」(マップショップ

4 赤水図・・・実測図ではないが、緯線経線を付した江戸時代の新しい日本地図

        江戸時代中期の地理学者、漢学者である長久保赤水が作成

     →伊能忠敬の日本地図は幕府が非公開としたため、赤水図が江戸時代から明治時代初期まで広く世に用いられた。

   【参考】「江戸時代の地政学者 長久保 赤水」(長久保赤水先生銅像建立実行委員会)

       「歴史に貢献した地理学者・長久保赤水の生涯と功績を讃えて」(長久保赤水顕彰会)

5 伊能図・・・日本最初の実測図

    江戸後期に、伊能忠敬の率いる測量隊によって作成された地図の総称

   【参考】「伊能大図彩色図の閲覧」(国土地理院・古地図コレクション

       「大日本沿海輿地全図」(国立国会図書館

       「連載 伊能忠敬」(東京都測量設計業協会

       「InoPedia」(“伊能忠敬と伊能図”に関してあらゆることがわかる百科事典)

       「蝦夷・伊能図 “全て間宮林蔵の測量”」(日本地図センター・「地図の散歩道」

       「徳島大学附属図書館伊能図学習システム」(徳島大学附属図書

       「伊能忠敬測量図」(文化遺産オンライン

 

世界編      日本編      目次へ

 

Copyright © AZETA Toyotoshi All Rights Reserved.