兵庫県立龍野高等学校 総合自然科学科2年

課題研究Ⅱ(地理班)の活動記録

2020年4月~5月 新型コロナウィルスによる臨時休業

  6月 QGISのインストール

    タイルマップの接続

    1mメッシュDSMで学校周辺の3D画像の作成

     

  7月 テーマの設定

     

     「浸水被害時の避難経路」というテーマ設定でスタート

     1mメッシュDEMで学校周辺の地形模型を作成

     

     広い範囲を1mメッシュで表現すると、1mメッシュの良さが出ない

     狭い範囲を描くことにする→グラウンドを3D化

  8月 1mメッシュDEMでグラウンドの立体模型と段彩図を作成

     ダウンロードしたDEMデータの加工→グラウンドの範囲のデータ抽出

     

     6,000,000データから36,000データを抽出

  9月 1mメッシュDEMでグラウンドの立体模型と段彩図を作成

       

    「アーバンデータチャレンジ2020ヒョーゴスラビア編~壱ノ型・夏下冬上~」に参加(9/27)

      

    古川泰人氏(MIERUNE)によるオンライン授業(9/30)

      

      →TIF形式ファイルの利用について指導を受ける

 10月 「標高ラスター/CS立体図(TIF形式ファイル及びワールドファイル)」による「グラウンドの高低差」の分析

 11月 近藤直樹氏(兵庫県企画県民部科学情報局情報企画課)によるオンライン指導

    アーバンデータチャレンジ 2020 全体イベント・中間シンポジウム 「オープン・デジタルなまちづくりに向けたUDCの活動展開 in 北海道&Virtually ~全国拠点が、北海道に集結!?with 土木学会インフラデータ」で発表(11/14)

      イベント当日のYoutubeLiveのアーカイブ(発表の様子は2時間42分当たり)

    「グラウンドの高低差と水はけ問題」という身近なテーマに絞る

    1mメッシュデータの誤りを発見

       

         修正前          修正後

      課題研究を進めているうちに、データに誤りが見つかり、正しいデータに修正された。建設的に協力することによってオープンデータがより良いものになることが分かった。

 12月 ボーリングステッキによるグラウンドの土質調査開始

     

    旧版地形図のデジタル化(ラスタファイルに変換)

     

    テニスコートの高低差分析(テニス部顧問より依頼)

     

    「甲南大学リサーチフェスタ」で発表(12/19)→「ロジカル デザイン賞」を受賞

  1月 土質調査(雨天が続き土質調査が進まず)

    「サイエンスフェア in 兵庫」で発表(1/24)

    「アーバンデータチャレンジ2020 with 土木学会インフラデータチャレンジ2020 」に作品応募

 2月 土質調査結果の取込み(2月3日時点)

     

    兵庫県立龍野高等学校 課題研究Ⅱ発表会(2/6)

       →発表資料(PDF 4.59MB)

    土質調査結果の取込み(2月9日時点)

     

   「アーバンデータチャレンジ2020 with 土木学会インフラデータチャレンジ2020 」実行委員会特別賞受賞(2/23)

      TOPへ