地理Bの部屋(アフリカ)                                               N0.3-1-4

 

1.アフリカの国々  2.植民地支配されたアフリカ  3.アフリカの年  4.内戦・民族紛争  目次へ

1.アフリカの国々…北アフリカ→イスラム社会、アラブ系民族、アラビア語、ホワイトアフリカ

            中央・南アフリカ→ブラックアフリカ、ネグロイド

  1 エジプト  2 リビア  3 チュニジア  4 アルジェリア  5 モロッコ  6 モーリタニ  7 マリ

  8 ニジェール  9 チャド  10 スーダン  11 エチオピア  12 エリトリア  13 ジブチ  14 ソマリア

  15 セネガル  16 ガンビア  17 ギニアビサウ  18 ギニア  19 シエラレオネ  20 リベリア

  21 コートジボワール  22 ガーナ  23 トーゴ  24 ベナン  25 ブルキナファソ  26 ナイジェリア

  27 カメルーン  28 中央アフリカ  29 赤道ギニア  30 ガボン  31 コンゴ共和国

  32 コンゴ民主共和国  33 ルワンダ   34 ブルンジ  35 ウガンダ  36 ケニア  37 タンザニア

  38 モザンビーク  39 マラウイ  40 ザンビア  41 アンゴラ  42 ナミビア  43 ボツワナ

  44 ジンバブエ  45 南アフリカ  46 マダガスカル  47 スワジランド  48 レソト  49 南スーダン

   ※イスラム社会の国

  X 西サハラ…1976年スペイン撤退→モロッコが領有権を主張

          →ポリサリオ戦線が「サハラ・アラブ民主共和国」の独立を宣言(1976年)

          →「サハラ・アラブ民主共和国」はアフリカ諸国から承認され、アフリカ統一機構(OAU)に加盟(1982年)

          →モロッコは、アフリカ統一機構(現アフリカ連合・AU)を脱退(1984年)

          →国連西サハラ住民投票ミッション(MINURSO)設立(1991年)

    【参考】「西サハラ」(国際連合広報センター)  「国連西サハラ住民投票ミッション(MINURSO)」(外務省)

  アフリカ最大の面積の国→アルジェリア(238.2万k㎡)  ※コンゴ民主共和国(234.5万k㎡)

  アフリカ最大の人口の国→ナイジェリア(1億7852万人)  ※エチオピア(9651万人)

  マダガスカル→世界で4番目に大きい島 マレー=ポリネシア系民族→米の生産400万トン(2012年・18位)

 

 2.植民地支配されたアフリカ…アフリカの多くの国々は、旧宗主国の言語を公用語としている

  イタリア領…2 リビア  14 ソマリア

  ベルギー領…32 コンゴ民主共和国(旧ザイール)、33 ルワンダ、34 ブルンジ

  ポルトガル領…17 ギニアビサウ  38 モザンビーク  41 アンゴラ

  スペイン領…29 赤道ギニア  X 西サハラ

  ドイツ領…23 トーゴ(第1次世界大戦後、イギリス・フランス両委任統治領に2分される)

         27 カメルーン(第1次世界大戦後、北部をイギリスが、南部をフランスが委任統治する)

         37 タンザニア(第1次世界大戦後イギリスの委任統治領)

         42 ナミビア(1915年南アフリカ軍侵攻、1920年南アフリカの管理する委任統治領、

                1949年南アフリカが一方的に領土に編入)

  第2次世界大戦前に独立した国

   エジプト…第1次世界大戦後に独立

   リベリア…アフリカ最初の黒人共和国→アメリカの黒人解放奴隷によって建国

         リベリア→自由の国  首都モンロビア→モンロー米大統領

   エチオピア…アフリカ最古の独立国

   南アフリカ…アパルトヘイト(人種隔離政策)

 

3.アフリカの年…1960年(17か国が独立)

  1970年代に独立した国…ギニアビサウ(1973年・ポルトガル)、モザンビーク(1975年・ポルトガル)

                 アンゴラ(1975年・ポルトガル)、ジブチ(1977年・フランス)

               →4か国のうち3か国がポルトガルから独立

  1980年代に独立した国…ジンバブエ(1980年・イギリス)

  1990年代に独立した国…ナミビア(1990年・南アフリカ)、エリトリア(1993年・エチオピア)

  2000年代に独立した国…南スーダン(2011年・スーダン)

   →1990年代以降はアフリカの国から独立

 

4.内戦・民族紛争

 A スーダン…アラブと非アラブの対立 「アフリカ最長の内戦」 「ダルフール紛争(世界最大の人道危機)」 飢餓

         →2005年~国連スーダン・ミッション(UNMIS)  2011年~国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)

    独立前のスーダン…面積 250万k㎡(アフリカ最大) 人口 約4300万人  黒人52% アラブ系39%

                宗教 イスラム教スンナ派70.3%(北部) キリスト教16.7%(南部)

                公用語 アラビア語  北部→アラブ 南部→非アラブ

    南北分離後のスーダン

     スーダン共和国…面積 188万k㎡  人口 約3600万人   公用語 アラビア語  宗教 イスラム教スンナ派

     南スーダン共和国(2011年独立)…面積 64万k㎡  人口 約826万人   公用語 英語  宗教 キリスト派

   【参考】「スーダン~多様性に満ちた国」(外務省) 

 B ソマリア…東西冷戦終結→アメリカの経済支援打ち切り→クラン(血統をもとにした氏族集団)同士の抗争

          →干ばつ、国内経済の崩壊→破綻国家へ

          →1992年第1次国連ソマリア活動(UNOSOM I)設置…機能せず

          →1993年第2次国連ソマリア活動(UNOSOM II)設置…1995年完全撤退

   ※現在全土を実効支配する政府はないが、暫定連邦「政府」(日本未承認)は連邦制国家の樹立を目指している。

   【参考】「アフリカ紛争問題タスクフォース ファクトシートVol.1 ソマリア」(アフリカ日本協議会)

       映画「ブラックホーク・ダウン」(2001年・米)

 C ルワンダ…フツ(84%)とツチ(15%)の対立→フツ族民兵によるツチ族に対する大量虐殺(1994年)

          ベルギーによる委任統治時代(ルワンダ王国を間接統治)→ツチを優遇

          「共和国」として独立(1962年)→フツ政権

     ※国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)→「ルワンダ及びブルンジ難民・帰還民援助に関するアピール」

                              →国際社会に対し援助を求める→日本は自衛隊を派遣

   【参考】「アフリカ難民の状況 - ルワンダ」(UNHCR) 

       映画「ホテル・ルワンダ」(2004年・英・伊) 「ルワンダの涙」(2006年・英・独)

 D ナイジェリア…ビアフラ戦争・アフリカ第1の産油国・アフリカ第1の人口

            民族…ハウサ(北部)21.5% ヨルバ(南西部)21.2% イボ(南東部)18.4% フラニ11.2%

            宗教…キリスト教45.9% イスラム教43.9%(ハウサ・フラニ)

        1960年 イギリスから独立→ハウサ・フラニによるイボ虐殺

        1967年 ビアフラ共和国(イボ中心)独立宣言→100万人以上の餓死者を出す内戦

        1970年 ビアフラ降伏

        1991年 首都をラゴスからアブジャに移す

 E アンゴラ…1975年ポルトガルから独立→MPLAとUNITAの対立

            →国連アンゴラ監視団(UNAVEM)→2002年停戦協定

          アンゴラ解放人民運動(MPLA)…政権 ソ連・キューバが支援

          アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)…アメリカ・南アフリカが支援

     ※1991年~第2次国連アンゴラ監視団(UNAVEM II)→停戦合意の監視(日本参加)

 F モザンビーク…1975年ポルトガルから独立→内戦

              モザンビーク解放戦線(FRELIMO)…政権

              モザンビーク民族抵抗運動(RENAMO)…反政府組織 南アフリカが支援

            1992年和平協定→内戦終結(内戦による死者、100万人)

            1992年 国連モザンビーク活動(ONUMOZ)設立

                   →停戦及び武装解除の監視、選挙監視、人道援助支援(日本参加)

 G コンゴ民主共和国…1998年内戦はじまる→政府と反政府側の対立に近隣諸国が介入

                 →ダイヤモンド、コバルトの利権

                   政府側…アンゴラ、ジンバブエ、ナミビア   反政府勢力…ウガンダ、ルワンダ

                 →330万人以上の死者、200万人以上の難民

               2000年国連コンゴ民主共和国ミッション(MONUC)設立

                  →コンゴ人の手による民主的政府樹立のための選挙の実施を支援

    ※2006年独立以来初の民主的な大統領選挙・国民議会選挙が実施→選挙監視要員として日本参加

 

1.アフリカの国々  2.植民地支配されたアフリカ  3.アフリカの年  4.内戦・民族紛争  目次へ

 

Copyright © AZETA Toyotoshi All Rights Reserved.